2019-06-24

メインマシンを AMD Ryzen 5 2400G に

しばらく AMD A10-5700 をメインマシンで使っていたが、 Debian Buster のリリースも間近となって kernel 4.19 になることから、久しぶりに話題の AMD Ryzen に入れ替えることにした。

最終的に入れ替えた部材は以下の通り。

  • APU: AMD Ryzen 5 2400G (Radeon Vega 11 内蔵)
  • MB: ASUS PRIME B450M-A
  • Memory: CFD PANRAM W4U2666PS-16GC19 (PC4-21300 16Gx2)
  • NVMe SSD: Sandisk Extreme Pro 500GB
  • HDD: WD Red WD40EFRX (4TB)

ちなみに旧パーツはソフマップで 4,000円で売れました。

近頃 Linux 界では Ryzen が Hot らしいが、それなりにノウハウが必要なので備忘録として残しておく。

» 続きを読む

2019-06-09

会社のメール環境が Outlook 限定に…

会社のメール環境が Exchange Online (Office 365) に変わった。 以前は Exchange 環境でも Thunderbird で IMAP アクセスできたが、今度は IMAP アクセスが disable になっているためにそういう抜け道も塞がれてしまった。

仕方なく Office 2016 の Outlook を使っているが、これがとんでもなく使いづらい。 どうして MS はこんなに使いづらいメールソフトでいいと思っているんだろうか? いろいろ設定変更してある程度は使い勝手を変えられたが、それでもどうにもならないことが多々ある。

» 続きを読む

2018-12-26

互換インクで失敗

E社の古いプリンタを使っている。 そろそろ買い替えたいけど、貴重なCCDスキャナ付きだからしばらくはスキャナメインで使おうと思っていた。 ただ、いくらスキャナメインとは言ってもインク切れになるとスキャナも使えなくなるんだよな…ということで、秋頃にまぁ互換インクでもいいか…とPPC社のものを購入しておいた。

で、年末お決まりの年賀状宛名印刷の季節到来。 普通に印刷していたらあと少しというところでインク切れ。 こういう時のために買っていたんだから…と、件の互換インクに交換してみると、なんとグレーの薄墨の宛名書きになっている

交換した黒インクが出ていないのは明らかなので、ノズルクリーニングとノズルチェック印刷を繰り返すが一向にかすれが治らない。 そうこうしているうちに別のインクがインク切れになってそっちも交換…というのを何度か繰り返す羽目に。

結局使い物になったのは比較的純正インクの残量が多かったマゼンタ系のみ。 ブラックとシアンはかすれが治らないままその後純正インクと交換。 ライトシアンとイエローはかすれなかったものの、一連のノズルクリーニング・インク交換時の充填を経て使う間もなく空に。

良い子は純正インクを使いましょう。

» 続きを読む

2018-09-27

Windows と Linux のデュアルブート環境で Bluetooth デバイスを共用する

最近立て続けに Dual boot 環境で Bluetooth デバイスを使う必要に迫られた。 滅多にやる作業ではないので、備忘録としてやり方を残しておく。

今回使うことになったのは以下。

  • Bluetooth キーボード: サーバーの操作用 (主にメンテナンス)
    • 通常は ssh 接続すれば事足りるが、たまに Windows やコンソールをいじりたい場合がある
    • テレビに HDMI 接続しているので近寄って USB キーボードを繋ぐのもねぇ…
  • Bluetooth Low Energy (BLE) マウス: ノートPC
    • ノートだとやっぱりワイヤレスじゃないとね…

BLE ではないキーボードの方はネット上の情報も豊富で比較的簡単。

問題は BLE マウスの方。 こちらはネット上の情報も乏しく Linux でペアリングすること自体が面倒。 単なる Low Energy なマウスと思っていると痛い目に遭う。 いずれは GUI でできるようになるかもしれないが、今回は Debian Stretch の環境で BLE マウスを使えるようにする。

» 続きを読む

2018-09-05

Thunderbird 60 で動くお薦め add-on

Thunderbird がメジャーバージョンアップしてついに v60 になった。 このバージョンで旧来の add-on の仕組みが廃止されたため、動かなくなった add-on が多々ある。 Firefox では一足先に経験済みの話だが、 Web ブラウザと違ってメールの場合は使用頻度も多く、 add-on が動かないと使い勝手が格段に落ちて困ってしまう。 ここでは、 v60 でも動く Thunderbird add-on で常用しているものを紹介しよう。

なお、私個人の PC 環境は Debian stretch のため、実はまだ 52.9.1 のままだ。 以下は仕事で使っている Windows PC での話として見て欲しい。

Debian stretch の Thunderbird も v60 になりました。

» 続きを読む

2018-05-27

GRUB で EFI への登録に失敗したら…

昨日、久々に起動した Windows 10 で 1803 のアップデートが来ていた。 サブで使っている別の Note PC では問題なかったのでこちらにも適用したら、なんとメインで使っている Linux が起動しなくなった。レスキュー用に作成していた USB スティックから Linux を boot させて GRUB を再設定し、 EFI の再登録をしようとしても以下のようなエラーが出て失敗してしまう。

error: efibootmgr failed to register the boot entry: Input/output error.

実は以前から efibootmgr がエラーする現象は出ており、恐らくは SSD への Windows 10 インストールでハマる で書いたように SDD と HDD の両方の EFI 情報が登録されていたせいだろう (それなりに古い BIOS だから EFI に登録できる情報に限りがあるのだろう) と考えていた。今回は Linux が全く起動できない状態に陥っているのでマジメに調べてみると、原因はもっと単純だった。

» 続きを読む

2017-09-15

NFSv4 + Kerberos 環境構築

自宅の メディアサーバー&ファイルサーバー は以前立ち上げたが、今までファイルサーバーとしては Samba だけ使っていた。 メインで使っている PC は普段 Linux なので、どうせなら…ということで NFS サーバーも立ち上げることにした。

自宅内なのでセキュリティをあまり気にする必要もないが、以前から NFSv3 以前のアカウント・権限周りの挙動が気に入らなかったので、スキルアップを兼ねて NFSv4 + Kerberos で構築。 まぁ、まともに LDAP を立ち上げる気はないので、ユーザーマッピングがきちんと動けばいいというレベル。 NFSv4 と Kerberos の組み合わせについては意外とネット上に情報が少ないため、備忘録代わりにここにやったことを残しておく。

» 続きを読む

2017-07-23

kmscon で Linux コンソールを日本語対応に

Linux コンソールを日本語対応にするにはいろいろ手はあるが、現時点で恐らく一番マトモに動作すると思われるのが kmscon。 kmscon についてはネット上にもそこそこ情報は出ているのでこれは自分向けの備忘録のようなものだが、 kmscon を Debian Stretch のパッケージにしたい人には参考になるかも…。

» 続きを読む

2017-07-19

Linux 上で負荷に応じて CPU 周波数を変える (AMD A10-5700)

最近の暑さのせいか、メインで使っている PC がよく落ちる。 タワー型の筐体が邪魔くさくて昨年スリム型筐体に変更し、空冷能力が低くなったのも一因。

最近の Linux なら何もしなくても省電力設定はされているよな…と勝手に思っていたら、大間違い。 やっぱり AMD の APU (CPU+GPU) ではそうはいかなかった。 クロックは最高速でブン回っていたし、 governor は ondemand に設定されていても scaling_max_freq / scaling_min_freq の両方とも最高速に張り付いていた。これでは熱くなるわけだ。

そんなわけで、ようやく重い腰を上げて CPU 周波数の設定をすることにした。

» 続きを読む

2017-06-03

xRDP からログインした時の「カラープロファイルを作成するには認証が必要です」ダイアログを消す

ファイルサーバー&メディアサーバーとして、久々に新しい PC を立ち上げた。

今までだったら自前で組み上げていたが、ちょっと忙しかったこともあり Shuttle 社のベアボーン SH110R4 ベースの PC R4 H1100 をオーダー。 少し古めで性能も高くはないが、 PCIe を 2 スロット装備する小型の PC の選択肢があまりなく、リビングのテレビをディスプレイとして使うための HDMI を装備しているという点も含めてコレを選択。

Windows 10 と Linux のデュアルブートとし、普段は Linux でサーバーとして使う。 メディアサーバーだと Ubuntu の方がいいかもしれないが、普段使いのメイン PC に合わせて Debian にしておいた。 リリース間近の Stretch をインストール。

普段キーボードを繋いでいないので、リモート接続は必須。 大抵のことは ssh で済むが、たまには GUI で操作したい場合もあるし、 Windows とのデュアルブートということも考慮してリモートデスクトップサーバーの xRDP をインストールする。

# apt-get install xrdp

クライアントの Remmina から接続してログインすると、以下のようなポップアップが表示される。

Xrdpcolorauth

「キャンセル」すれば特に支障なく動くが、何度か類似のポップアップが表示されるし、毎度キャンセルするのもウザい。

» 続きを読む

«SSD への Windows 10 インストールでハマる

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ